【著作権法違反】タダ読み誘導サイト『はるか夢の址』、月1400万人閲覧!被害4千億円 過去最大。

1まとめらいぶ2017/11/01(水) 16:48:47.29ID:CAP_USER9.net
【朝日新聞】
 http://www.asahi.com/articles/ASKB04T8MKB0PTIL00X.html

 インターネットで海賊版漫画をタダ読みできるリーチサイト(誘導サイト)
「はるか夢の址(あと)」をめぐる著作権法違反事件で、サイトの閲覧者数は
月約1400万人にも及んでいたことが、大阪府警などの合同捜査本部の調べで
わかった。出版社などの被害額は約4142億円と算定され、著作権保護団体が
把握する過去最大規模。専門家は利用者が安易に海賊版を手にしてしまう
問題も指摘する。

 府警によると、2008年に開設された「はるか夢の址」は会員約3200人が
毎月約1万9500件の海賊版リンクを投稿する巨大サイト。ここを通じてダウン
ロードされた海賊版は今年7月に強制捜査を受けて閉鎖するまでに毎月300万点に
及んだとみられる。海賊版には「NARUTO―ナルト―」「ワンピース」や
「ドラゴンボール」「名探偵コナン」など多数の漫画が含まれていた。

 海賊版の投稿数に応じた「ゴールド」「シルバー」といった会員ランクの付与や、
海賊版を保存する「サイバーロッカー」から報酬を得られる仕組みを組み合わせ、
「会員の投稿意欲をあおっていた」(捜査関係者)という。

はるか夢の址

【画像引用元】『YouTube』より
 https://youtu.be/CgWwWFsMCNM?t=21

続きを読む
Source: New feed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です