まだまだ続く画商の話①

ニューヨークで
逮捕された画商は、

常々、
画商に人生をかけると
他人に言っていたらしいが、

ピカソは、
他人の人生を傷つけて成り立つ、
自分の人生など、
誇れる人生ではない

と、話したと言うことです。

いずれにしろ、
逃げ回って
他人の前に、
正々堂々と現れることができない
人間が、
他人の人生を
掠めとることしかできない人間が、

自分の人生のことなど、
語るなど、
笑止千万、哀しいことです。

Source: New feed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です