下町ボブスレー、平昌で準備していると再度持ちかけたがSNS上での支援呼びかけに敗北する

1: 風吹けば名無し 2018/02/17(土) 05:59:38.05 ID:W2v1ivrJ0

ビール会社がジャマイカ・ボブスレーチームを救済。発端はSNS

no title

コーチの突然の辞任で使用ソリがなくなり出場が危ぶまれていたジャマイカの女子2人乗りのボブスレーチームに救世主が現れた。USAトゥデイやNBCスポーツなど複数の米国メディアが明らかにしたもので、ジャマイカの首都キングストンに本社を持つビール会社のレッドストライプが新しいソリの提供をジャマイカに持ちかけて、すでにチームは、そのソリを受け取ったという。

 ジャマイカは、ドイツ人のサンドラ・キリアシス・ドライバーコーチが突然、チームを離脱、チームは、同コーチの所有するラトビア製のソリを使用していたが、離脱と共に使うことができなくなり出場危機に追い込まれていた。

NBCスポーツによると、そのニュースを見たレッドスプライプ社は、SNSのツイッターを使って支援を呼びかけ、ジャマイカサイドが反応。
すぐさま交渉がスタートして、ジャマイカドルで、700万ドル相当、米国ドルで5万6000ドル(約610万円)での支援がまとまり、ジャマイカは、新しいソリを受け取ったという。

ジャマイカチームは、当初、東京・大田区などの町工場がプロジェクトを組み製作にあたった「下町ボブスレー」のソリを使用する契約を結んでいたが、
突然、この2月に契約を破棄。サンドラ・キリアシスコーチが所有するソリを使用していた。今回、同プロジェクトチームは、再度、「下町ボブスレー」のソリの無償提供を持ちかけていたが、ジャマイカチームは、レッドストライプ社側の支援にのっかったようだ。

ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-00000001-wordleafs-spo

関連記事

ジャマイカ ボブスレー代表コーチ辞任 そりはコーチの私物のため競技参加に暗雲

下町ボブスレー「ジャマイカからの要請に備え、五輪会場周辺にソリとメカニックを待機させている」

2: 風吹けば名無し 2018/02/17(土) 06:00:14.81 ID:Ax+bvowRr
嫌われすぎ

13: 風吹けば名無し 2018/02/17(土) 06:05:34.52 ID:c7YhB+n70
どんだけクソ性能やねん

332: 風吹けば名無し 2018/02/17(土) 06:56:10.61 ID:W2QiLupja
>>13
もはや性能だけじゃないわ…

続きを読む
Source: New feed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です