【悲報】カーリング男子、スポンサー0で遠征先では三食マックの日もあった

1: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 23:46:59.49 ID:r49ZmH8J0

スポンサーゼロから始まったカーリング男子「SC軽井沢」の挑戦

20180221-00000201-sph-000-6-thumb

結成当初はスポンサーはゼロ。清水や両角公はアルバイトをしながら生計を立ててきた。
ファーストフード店で「ソフトクリームやクレープを作っていましたよ」と両角公。稼いだわずかなお金は、世界ランク1位のカナダへの遠征費に費やした。
遠征先では、男2人で1つのベットに寝泊まり。3食マクドナルドで済ませる日もあった。
国内では練習時間の合間に地元企業へ頭を下げに行き、スポンサーを探した。
五輪行きを決めると支援は20社以上にも増えた。地域の温かい人たちに支えられ、徐々に環境が整った。

以下記事全文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00000201-sph-spo

3: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 23:47:27.33 ID:r49ZmH8J0
女子が人気やった裏で相当苦労していた模様

72: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 23:52:56.45 ID:xpBbBQIh0
>>3

その後、敗れた男子チームが気丈にインタビューに答える様子が放送されたが、終了後にスタジオの別モニターでインタビュー後に男子選手らが座り込んで涙する姿が映り、これを見た市川氏はこらえきれなくなった。

 市川氏はポロポロと流れ出る大粒の涙をぬぐいながら、口に手を当て、
「ずっと私も(現役時代に)一緒に練習してきた…お兄さんたちですし…今までの苦労を思い出します…」と必死で言葉をつないだ。
 スタジオはしばらくしんと静まり返り、その後、視聴者から届いたメッセージが読み上げられる中、市川氏は何度もうなづきながら、涙を拭い続けていた。
最後に、女子チームに向け
「女子には男子の思いを乗せて、がんばってほしいです」とエールを送った。
 市川氏は現役時代は中部電力主将を務め、3年間にわたって日本代表の座を守っていたが、13年にソチ五輪出場をかけた試合で北海道電力に敗退。

試合後に泣き崩れた姿が「美余の涙」と伝えられた。
その後、現役引退し、結婚、出産を経て、今大会はNHKのカーリング解説で人気となっている。
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/02/21/0011005792.shtml?pg=2

続きを読む
Source: New feed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。