「強盗のような要求ばかり」「米側の態度は遺憾なこと極まりない」…北朝鮮がポンペイオ米国務長官との非核化協議で!

1: みつを ★
 《 アメリカのポンペイオ国務長官が非核化をめぐる北朝鮮との協議で一定の進展があったという認識を示したのに対し、北朝鮮外務省は一方的に非核化を迫られたとして「アメリカ側の態度と立場は遺憾なこと極まりない」と批判し、米朝間で意見の対立も起きていることをうかがわせました。

 (略) その理由について、声明は「アメリカ側は、CVID=完全で検証可能、かつ、不可逆的な非核化や、検証など、強盗のような要求ばかりを持ち出した」として、一方的に非核化を迫られたと不満を示しています。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

Dhfv6lTVMAA0InO
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180708/k10011521981000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1531000961/

続きを読む

Source: 【SP】軍事・ミリタリー速報☆彡  ◎NEW◎

Source: New feed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。