ナチス親衛隊の最高指導者だったヒムラーの娘が戦後にドイツ情報機関に採用されていたことが発覚!

1: しじみ ★
 《 連邦情報局は、親衛隊の最高指導者でヒトラーの側近だったハインリヒ・ヒムラーの娘、グドルーン・ブルヴィッツが同局で働いていたことを確認した。独タブロイド紙ビルトが報じた。

 同紙の記者は調査を行い、ブルヴィッツが1960年代はじめ連邦情報局の秘書として採用され、数年後に「その伝記がナチズムに枷をかけられた職員との関係と理解において起きた変化」の関係で退職したことを明らかにした。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

0abb42d3-s
https://sptnkne.ws/hUJt
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1530540569/

続きを読む

Source: 【SP】軍事・ミリタリー速報☆彡  ◎NEW◎

Source: New feed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。