経産省、キャッシュレス決済の普及に向けて概算要求に30億円を盛り込む方針

「キャッシュレス決済」の普及に向けて、経済産業省は、2019年度予算の概算要求に関連費用およそ30億円を盛り込む方針であることが分かった。

 電子マネーやQRコードなどキャッシュレス決済の比率は、韓国が89%、中国が60%などとなっている一方で、日本は18%にとどまっていて、外国人観光客からは「現金しか使えないのは不便だ」などといった指摘も上がっています。

こうした中、経産省がキャッシュレス推進のための費用およそ30億円を2019年度予算の概算要求に盛り込む方針であることがわかりました。具体的には、中小事業者がキャッシュレス端末を導入するのにかかる費用や加盟店がカード会社に支払う手数料への補助金の支給などです。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180827-00000049-jnn-bus_all

続きを読む

Source: 【Sp】IT速報

Source: New feed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です