地磁気極の反転による突然の世界的大惨事に警鐘…米学術誌!

1: SQNY ★
 《 学術誌『米国科学アカデミー紀要(PNAS)』によると、太古の地球の岩石の構造を調べ、地質学者は、南磁極と北磁極がすでに場所を入れ替えたことがあり、このプロセスが最近再び始まっているとの結論に至った。磁気極反転の最初の兆候は、磁場の弱まり。過去200年間で磁場は15%弱まっており、どんどん不安定化していることを証拠付ける。だが反転の具体的な時間の予測は不可能。磁場の弱まりが突然か段階的かがわからないからだ。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

Geodynamo_Between_Reversals
https://sptnkne.ws/jw7k 
http://www.pnas.org/content/early/2018/08/14/1720404115 
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1535242707/

続きを読む

Source: 【SP】軍事・ミリタリー速報☆彡  ◎NEW◎

Source: New feed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です