総務省、中古スマホのSIMロック解除を来年9月から義務化へ

総務省は28日、携帯電話各社に対し、自社の回線しか使えないようにする「SIMロック」を中古端末で解除するよう、2019年9月から義務づけると発表した。

中古端末のSIMロック解除は当初、同7月を予定していたが、2か月先延ばしする。

総務省によると、一部の携帯大手がシステム対応が間に合わないことを理由に、後ろ倒しを求めたという。中古端末についてはこれまで、防犯上の観点などから携帯大手はSIMロック解除に対応していなかった…
続きはソース元で
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20180828-OYT1T50071.html

続きを読む

Source: 【Sp】IT速報

Source: New feed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です