Amazon、日本の実店舗でQRコード決済を提供開始。店舗側の手数料は無料

アマゾンジャパンは29日、スマートフォンを使った実店舗での決済サービスを開始したと発表した。

アマゾンが自社の実店舗以外に決済サービスを提供するのは世界で初めて。利用者は通販サイトのIDをそのまま使うことができ、店舗側の決済手数料は無料。アマゾンの参入で日本のキャッシュレス化の流れが加速しそうだ。

新宿区や福岡市の飲食店や土産物店など数十店舗でサービスを始めた。決済サービスのNIPPON PAY(ニッポンペイ、東京・品川)と組み、同社のシステムを使って展開する。アマゾンの通販サイトのアプリからQRコードを呼び出し、ニッポンペイが店舗に配布したタブレットで読み取って決済する。
 
利用者は通販サイトのクレジットカード決済サービス「アマゾンペイ」のIDをそのまま利用できる。店舗側は12月末までにニッポンペイのタブレットを使いたいと申し込めば、2020年末まで手数料を払わずに済む。ニッポンペイのシステムは中国アリババ集団の支付宝(アリペイ)などにも対応しており、既に6月末時点で約1万5000店に配布している。アマゾンは導入済みの店舗に自社の決済の利用を促す…
続きはソース元で
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34721010Z20C18A8000000/

https://amazon-press.jp/Top-Navi/Press-releases/Presselist/Press-release/amazon/jp/Payment/AmazonPay/0828_instore/

続きを読む

Source: 【Sp】IT速報

Source: New feed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です