ソフトバンク副社長、携帯料金下げ要請に「新プランで応えられる。プライスリーダーの自負を持って、これまでもやってきた」

ソフトバンクの榛葉淳副社長は29日、新しい料金プランに関する記者発表会で「(値下げを求める)政府の期待に新プランは応えられる」と述べた。

「プライスリーダーの自負を持って、これまでもやってきた」とも強調した。

一方で菅義偉官房長官が海外を引き合いに国内の携帯料金を「4割程度下げる余地がある」と発言したことについては「サービスなど質も踏まえて同じ土俵で比較しないとおかしい。トータルで議論していくことが大切だ」と述べた。
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL29HKR_Z20C18A8000000/

関連:ソフトバンク、対象の動画サービスやSNSが使い放題の「ウルトラギガモンスター+」を発表 : IT速報

続きを読む

Source: 【Sp】IT速報

Source: New feed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。