韓国人男性が寿司を食べて細菌に感染し、片腕を失う(海外の反応)

韓国に住む男性が、寿司中毒の後、腕を肘まで切断する手術を受けたと、「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(NEJM)」誌が伝えている。

スプートニク日本

指摘によると、問題の食品を摂取してから12時間後、71歳の男性の左の手のひらが大きく腫れた。このような反応は、生魚に含まれていた肉食細菌「ビブリオ・バルニフィカス」に感染した結果だった。医師らは、手の腫れた部分にドレナージを施し、感染した組織を切除。その後、患者に抗生物質を処方した。以下略(スプートニク)

海外の反応をまとめました。

続きを読む

Source: 【相互】世界の面白ニュース発信処

Source: New feed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。