警察官・消防士・自衛官は「仕事きつそう」「きつく危険なイメージがある」若者の受験数が減少…秋田県!

1: ばーど ★
 《 警察官や消防士、自衛官を志す若者が秋田県内で減り続けている。売り手市場が続く中、公務員は全般的に人気が低迷気味で、とりわけこれらの業種は「きつく危険なイメージがある」と敬遠されているようだ。採用側は若者に関心を持ってもらおうと、県民の安全安心を守る仕事のやりがいを強調している。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

20180726-00010008-agora-000-view
https://www.sakigake.jp/news/article/20180918AK0003/
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537226354/

続きを読む

Source: 【SP】軍事・ミリタリー速報☆彡  ◎NEW◎

Source: New feed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。